江戸ガラス(読み)えどガラス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸ガラス
えどガラス

江戸時代に江戸で作られたガラス製品。江戸初期より長崎で始った日本のガラス製法は,正徳年間 (1711~16) にほぼ大坂,京都,江戸にも伝わっていたことが知られており,明和年間 (64~72) 頃から盛んになった。しかし江戸での発達は遅れ,江戸ガラスが隆盛をみたのは,天保年間 (1830~44) に皆川久兵衛 (加賀屋) と在原留三郎 (上総屋) が各種ガラス器具や江戸切子 (カット・グラス) を作り出して以来である。江戸ガラスの特徴は型吹きガラスで,やや黄緑色を帯びた無色のガラスに曲線構成のカットを施したものが多く,人気を博した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android