コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸団扇 エドウチワ

デジタル大辞泉の解説

えど‐うちわ〔‐うちは〕【江戸団扇】

江戸特産のうちわ。初めは割り竹に白紙を張っただけのものであったが、のちに墨絵紅絵(べにえ)・漆絵など美しい彩色を施すようになった。東(あずま)うちわ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えどうちわ【江戸団扇】

江戸特産のうちわ。初めは割り竹に白紙を張るのみであったが、後には墨刷り絵・紅絵・漆絵などをほどこし、浮世絵の発達とともに錦絵のような精巧な木版画を張るようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

江戸団扇の関連キーワード木版画浮世絵錦絵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android