コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅絵 べにえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅絵
べにえ

浮世絵版画様式の一つ。墨摺絵の上に紅を主とする色を筆彩色したもの。享保年間 (1716~36) を中心に行われた。なお紅摺絵は紅を主とする色板を用いて摺刷したもので,紅絵とは異なる。しかし今日ではまぎらわしいため紅絵という名称はあまり用いず,墨摺筆彩と呼んだり,厳密には異なるが漆絵の一種として扱う場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

べに‐え〔‐ヱ〕【紅絵】

浮世絵版画で、墨摺(すみず)り絵に紅を主色として筆で彩色したもの。丹絵(たんえ)から発展した様式。
紅摺(べにず)り絵のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べにえ【紅絵】

浮世絵版画の一種。丹絵たんえから発展した様式。墨摺り絵に、重厚な丹に代え軽快な印象を生む紅を基調として筆彩色したもの。
紅摺り絵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅絵
べにえ

筆彩浮世絵版画の様式名。墨摺絵(すみずりえ)に、紅を主調として黄土・草色などで筆彩したもの。享保(きょうほう)年間(1716~36)の初め、版元の和泉(いずみ)屋権四郎によって始められたと伝えるが、丹絵(たんえ)にかわって1720年(享保5)前後から盛んになり、1750年代まで行われた。紅絵にさらに膠(にかわ)入りの光沢ある墨で筆彩したものを漆絵(うるしえ)とよんでいる。紅絵・漆絵に続いて現れた2、3色の多色摺木版画も、紅を主調としたところから当時は紅絵とよばれたが、今日ではこれは紅摺絵(べにずりえ)と称して区別している。なお紅絵の称は、江戸時代には浮世絵の代名詞ともなっている。[浅野秀剛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紅絵の言及

【浮世絵】より

…丹絵は元禄から享保(1716‐36)初年にかけて行われた。
[紅絵,漆絵]
 享保初年は丹に代わって主調色を紅とした〈紅絵(べにえ)〉が生まれ,寛保年間(1741‐44)まで盛行した。紅は紅花の花弁から作られた鮮紅色の絵具で,澄明感のある優しい色合を特色とする。…

※「紅絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紅絵の関連キーワード鳥居清忠(初代)西村重長奥村利信鳥居清倍紅皿欠皿奥村政信紅摺り絵勝川輝重江戸団扇石川豊信丹絵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android