コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸太夫双笠 えどだゆう そうりつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江戸太夫双笠 えどだゆう-そうりつ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
初代江戸半太夫の弟子。師の没後は初代十寸見河東(ますみ-かとう)につき,のち江戸浄瑠璃で一派をなした。享保(きょうほう)-元文(1716-41)のころ活躍。通称は常陸屋次右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸太夫双笠の関連キーワード江戸半太夫(初代)江戸半太夫(1世)江戸双笠

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android