江西 一三(読み)エニシ イチゾウ

20世紀日本人名事典の解説

江西 一三
エニシ イチゾウ

大正・昭和期の労働運動家 元・日本労働組合会議中央常任委員。



生年
明治34(1901)年12月5日

没年
昭和59(1984)年11月11日

出生地
大阪府大阪市浪速区

学歴〔年〕
小学校卒

経歴
小学校卒業後丁稚奉公に出、大正7年大阪の米騒動に参加。10年久保田鉄工場に入社し、社会主義運動に近づき、アナキストとなる。13年上京し、黒色青年同盟などに参加、また日本労働組合自由連合協議会などを結成した。昭和8年頃実践運動から身をひくが、戦後労働運動に復帰し、日本労働組合会議中央常任委員、大阪中小企業労組連合会組織部長、全国一般大阪支部組織部長などを歴任し、総評の発展に尽力した。著書に「わが自協史」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android