コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池ノ平[温泉] いけのたいら

百科事典マイペディアの解説

池ノ平[温泉]【いけのたいら】

新潟県中頸城(なかくびき)郡妙高高原町(現・妙高市),妙高山南東麓にわく単純炭酸硫化水素泉。72℃。妙高戸隠連山国立公園に属し,別荘,保養所が多く,スキー場施設も整っている。
→関連項目妙高高原[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いけのたいら【池ノ平[温泉]】

新潟県南西部,中頸城(なかくびき)郡妙高高原町にある温泉。妙高山の南東斜面標高750mの高原に位置する。単純泉,60℃。背後には池ノ平温泉スキー場があって,スキー客でにぎわい,約3km北の国設赤倉温泉スキー場をもつ赤倉温泉とともに,ゲレンデのある温泉として知られる。付近には会社の寮や別荘が多い。信越本線妙高高原駅からバスの便がある。【谷沢 明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の池ノ平[温泉]の言及

【妙高温泉郷】より

…新潟県南西部,妙高山(2446m)東麓の妙高高原に開けた温泉郷。標高の高い順に,約1100mの燕(つばめ)温泉(含土類セッコウ泉,45℃),約900mの関温泉(含鉄食塩泉,46℃),700~800mの赤倉温泉(重炭酸土類泉,60℃),池ノ平温泉(単純泉,60℃),500~600mの妙高温泉,新赤倉温泉(いずれも赤倉温泉からの引湯)と並ぶ六つの温泉からなる。享保年間(1716‐36)開湯の関温泉が最も古く,大正末期開湯の池ノ平温泉,新赤倉温泉が最も新しい。…

※「池ノ平[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android