池原禾守(読み)いけはらの あわもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池原禾守 いけはらの-あわもり

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)上毛野(かみつけの)から池原に改姓。東大寺関係の役所につとめたのち,讃岐介(さぬきのすけ),造西隆寺次官,主計頭(かずえのかみ)などを歴任した。名は粟守ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android