池田 克己(読み)イケダ カツミ

20世紀日本人名事典の解説

池田 克己
イケダ カツミ

昭和期の詩人



生年
明治45(1912)年5月27日

没年
昭和28(1953)年2月13日

出生地
奈良県

学歴〔年〕
吉野工業学校建築科〔昭和2年〕卒

経歴
昭和6年小学校の恩師植村諦に初めて詩を見てもらい、詩作に励む。9年処女詩集「芥は風に吹かれてゐる」を発刊。11年上林猷夫、佐川英三らと詩誌「豚」を創刊、後「現代詩精神」と改めた。14年徴用令で中国に渡り、16年解除、上海で大陸新報社の記者となり、「上海文学」を創刊、また草野心平らと詩誌「亜細亜」を出した。戦後20年帰国。21年上林、佐川らと「花」を創刊、22年6月小野十三郎、高見順らを編集に加え「日本未来派」を創刊し、編集人となった。詩集に「原始」「上海雑草原」「中華民国居留」「法隆寺土塀」「池田克己詩集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

池田 克己 (いけだ かつみ)

生年月日:1912年5月27日
昭和時代の詩人
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android