上林猷夫(読み)かんばやし みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上林猷夫 かんばやし-みちお

1914-2001 昭和-平成時代の詩人。
大正3年2月21日生まれ。昭和11年池田克己,佐川英三らと「豚」を創刊。戦後は「花」を創刊し,「日本未来派」にくわわる。27年複雑な社会意識,実存意識をうかがわせる「都市幻想」でH氏賞。62年日本現代詩人会会長。平成13年9月10日死去。87歳。北海道出身。同志社高商卒。詩集はほかに「遠い行列」「遺跡になる町」,評論に「詩人高見順―その生と死」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android