詩作(読み)しさく

精選版 日本国語大辞典「詩作」の解説

し‐さく【詩作】

〘名〙
① (━する) 詩、古くは、漢詩を作ること。また、その作った詩。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「公(おほやけ)のしさくきこしめさすとて」
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「雨より詩作しっぽりとして ながながの旅道の記をおもひ侘〈重安〉」
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉隠者文学「禅院の哲学的雰囲気のなかで詩作した五山詩僧たち」
② 詩人。
※咄本・百物語(1659)下「詩作(シサク)の連句はのびすぎてどんなり」

し‐つくり【詩作】

〘名〙 漢詩や和歌などの詩文を作ること。また、その人。
※有明の別(12C後)二「しつくりはまづかたちのをかしげなるがよきなりと宣はすれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「詩作」の解説

し‐さく【詩作】

[名](スル)詩を作ること。古くは、特に漢詩を作ること。「感興の赴くままに詩作する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android