詩作(読み)シサク

  • しつくり

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)詩を作ること。古くは、特に漢詩を作ること。「感興の赴くままに詩作する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 詩、古くは、漢詩を作ること。また、その作った詩。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「公(おほやけ)のしさくきこしめさすとて」
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「雨より詩作しっぽりとして ながながの旅道の記をおもひ侘〈重安〉」
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉隠者文学「禅院の哲学的雰囲気のなかで詩作した五山詩僧たち」
② 詩人。
※咄本・百物語(1659)下「詩作(シサク)の連句はのびすぎてどんなり」
〘名〙 漢詩や和歌などの詩文を作ること。また、その人。
※有明の別(12C後)二「しつくりはまづかたちのをかしげなるがよきなりと宣はすれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詩作の関連情報