コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田昌意 いけだ まさおき

2件 の用語解説(池田昌意の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田昌意 いけだ-まさおき

?-? 江戸時代前期の和算家,暦算家。
隅田江雲(すみだ-こううん)にまなび,江戸芝の西応寺門前で塾をひらく。寛文12年(1672)「数学乗除往来」を刊行。暦術にも通じ,宣明暦の誤りを発見した。門人に渋川春海(はるみ)。はじめ古郡之政(ふるごおり-ゆきまさ)。通称は彦左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田昌意

生年:生没年不詳
江戸前期の和算家,暦算家。はじめ古郡彦左衛門と称す。隅田江雲の弟子。江戸芝の西応寺の門前に住み,ここで塾を開いた。延宝2(1674)年に『数学乗除往来』を刊行。これに遺題49問をのせ,同書は遺題継承の第2系の端緒となった。暦術にもくわしく,門人渋川春海の貞享暦は昌意の作ともいわれる(『荒木彦四郎村英先生之茶話』)。中西正好(中西流和算の祖)も門人のひとり中国数学書を研究し,生活数学から変化しはじめた時代の人で,天元術(算木をならべて高次方程式を解く一種の器具代数)の理解にあと一歩のところに至っていた。

(佐藤健一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田昌意の関連キーワード日下誠和算家秋保新左衛門加悦俊興実川定賢柴野美啓永井徳資土師道雲逸見満清山田正重

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone