コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川春海 しぶかわしゅんかい

11件 の用語解説(渋川春海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渋川春海
しぶかわしゅんかい

[生]寛永16(1639)
[没]正徳5(1715)
江戸時代の暦学者。幕府の棋所に出仕し,父の名を取って初めは安井算哲 (さんてつ) といった。宣明暦 (せんみょうれき) の誤差を指摘して,貞享1 (1684) 年 10月貞享暦 (じょうきょうれき) をつくり,同年 12月幕府の天文方となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぶかわ‐しゅんかい〔しぶかは‐〕【渋川春海】

[1639~1715]江戸前期の暦学者。京都の人。安井算哲の子。はじめ安井算哲二世を名乗るが、のちに改姓。貞享元年(1684)平安時代以来の宣明暦を改定した貞享暦が採用され、初の幕府天文方に就任。しぶかわはるみ

しぶかわ‐はるみ〔しぶかは‐〕【渋川春海】

しぶかわしゅんかい(渋川春海)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

渋川春海【しぶかわはるみ】

暦学者。幕府の碁所の家に生まれ,14歳でその職を継いで安井(のち保井を用いる)算哲と称す。1702年(元禄15年)より渋川を名乗ることを願い出て許された。幼時より暦学・数学を学んでいた春海は,当時用いられていた宣明暦に誤りが多いのを痛感,授時暦を改良し独自の暦を考案,3度朝廷に改暦を上奏し,ついに貞享1年(1684年)に採用された。
→関連項目授時暦天文方二百十日

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川春海 しぶかわ-はるみ

1639-1715 江戸時代前期-中期の暦算家。
寛永16年閏(うるう)11月3日生まれ。囲碁棋士の父安井算哲の死後,安井(のち保井)算哲2世を称し,御城碁をつとめる。岡野井玄貞(げんてい),池田昌意(まさおき)に暦学をまなぶ。貞享(じょうきょう)元年(1684)従来の宣明(せんみょう)暦にかわって自作の貞享暦が採用され,その功により幕府天文方となる。のち渋川と改姓。天球儀,地球儀,百刻環などをつくった。正徳(しょうとく)5年10月6日死去。77歳。平成24年囲碁殿堂入り。京都出身。名は都翁(つつち)。字(あざな)は別に順正。通称は助左衛門。号は新蘆。著作に「天文瓊統」「日本長暦」など。

渋川春海 しぶかわ-しゅんかい

しぶかわ-はるみ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渋川春海

没年:正徳5.10.6(1715.11.1)
生年:寛永16.閏11(1639)
江戸中期の天文暦学者。幕府碁方安井算哲(初代)の子として京都に生まれた。幼名は六蔵といったが,元禄5(1692)年助左衛門と改めた。字を順正,諱は都翁,新葦と号した。父の死に当たり,襲名して家職を継いで碁所に勤め,2代目算哲と称している。のち保井,さらに渋川と姓を改める。名の方は「はるみ」と読むらしいが,ふつうには「しゅんかい」で通っている。日本では古来中国の暦を採用していたが,初めて日本人の手になる独自の暦法(貞享暦)を作った人物として著名。その功により貞享1(1684)年初の天文方となる。 独自といっても大したことはなく,大部分は元の授時暦の引き写しである。太陽や月の中心差などに多少の手直しを行ったが,はたして改良か改悪かいちがいにいえない。その手直しも,あまり理論的根拠のあるものではない。授時暦では中心差を各象限ごとに3次の代数式で表現するが,貞享暦も授時暦を踏襲し,ただ係数だけ変えて,象限のつなぎ目のカーブ滑らかにしただけである.それでも観測に根拠を持つ中心差の最大値は,授時暦よりも現在値に近いものをつかっているから,改良であったといえる。あえて独自なものといえば,日食の予報のときに,中国と日本の経度差を考慮に入れたことだけであろう。中国と日本では経度,緯度が違うから,当然授時暦のやり方を修正しなければならない。春海は経度についてはそれだけ時間をずらして修正したが,緯度についてはそれも影響するといいながらも,修正の仕方が分からなかった。 理論的には必ずしも一流ではなかった渋川春海が,本邦最初の改暦を実現できたのは,なぜか。そもそも改暦というものは科学上の問題よりも政治的問題である。特に本邦最初ということになると,慣例にないからという理由だけで反対される。これまで中国の暦を採用していたのだから,そのままでよい,という中国派の儒者のいうことを押さえねばならない。彼が幕府の碁所に勤める父のあとを継いで碁所に勤め,幕府の要人を知っており,また京都の陰陽頭安倍泰福から土御門神道その他の流の神道を学び,朝廷とも近かった,という人間関係をフルに使って,初めて達成された政治的事業である。並みの学者でできることではない。

(中山茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

渋川春海

1639〜1715(寛永16年〜正徳5年)【天文学者】趣味が高じて、碁所役から天文・暦学者に。 貞享暦を完成。天文学者。碁所の家元。安井算哲の長子で「しゅんかい」ともいう。京都出身。800年以上用いた唐の宣明暦は誤差が大きいとして、改暦を建言。提案した新暦は、京都土御門家の反対にあったが、1681年採用された(貞享暦)。自身も、幕府初代天文方に就任。この天文方の一部が後に蕃書所に発展した。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しぶかわはるみ【渋川春海】

1639‐1715(寛永16‐正徳5)
中国からの輸入暦法を,ただ機械的に計算して毎年の暦を作っていた日本において,みずから観測を行い,暦理を理解し,さらに新暦法を開発した最初の天文暦学者。姓は初め安井,のちに保井を用いたが,1702年(元禄15)より渋川を名のることを願いでて許された。幼名は六蔵,のちに助左衛門と改めた。字は順正(のぶまさ),諱(いみな)は都翁(つつち),号を新盧といい,春海の名は《伊勢物語》の〈雁鳴きて菊の花さく秋はあれど春の海べにすみよしの浜〉からつけたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぶかわはるみ【渋川春海】

1639~1715) 江戸前・中期の天文学者・暦学者。京都の人。本名、助左衛門。初め父の名を継ぎ安井(保井とも)算哲と名乗ったが、のち渋川姓に改め春海と号した。宣明暦を改め、新暦(貞享暦)をつくった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋川春海
しぶかわはるみ
(1639―1715)

江戸時代の天文暦学者。幕府の碁所安井算哲(さんてつ)(1590?―1652)の子として京都に生まれる。幼名六蔵、のち父の名を継ぎ算哲と称し、1692年(元禄5)命により、束髪して助左衛門と改称。字(あざな)は順正(のぶまさ)、広く春海をもって知られる。諱(いみな)は都翁(つつち)、号は新蘆(しんろ)。初め安井姓を名のったが、のち保井を用い、晩年には出身地にちなんで渋川を用いた。家業を継ぎ幕府碁所を勤めた。岡野井玄貞(げんてい)(生没年不詳)、松田順承に師事して暦算を学び、授時暦に通じた。21歳のとき西国諸州の緯度を測定、表を立て、天体の運行を測り、授時暦に範をとって大和(やまと)暦を作製した。当時用いられていた宣明(せんみょう)暦は施行八百有余年に及び、天象と2日も差が出ていた。改暦を請うこと三度、ようやくいれられて1684年(貞享1)10月29日大和暦が採用され、貞享(じょうきょう)暦と名を賜り翌年から施行された。功により碁所をやめて幕府初めての天文方に任ぜられた。家族を率いて江戸麻布(あざぶ)に居を移し、観測に従事し、本所二つ目に地を拝領、のち駿河台(するがだい)に地を賜り天文台を設けた。従来の七十二候を改めて新制七十二候をつくった。『天象列次之図』に次いで『天文分野之図』や、従来の中国の星座と新たに自ら選定した61座308星の観測に基づいて作製し、子の昔尹(ひさただ)(1683―1715)の名で刊行した『天文成象』がある。春海の天文学を集大成した『天文瓊統(けいとう)』や『日本長暦』、『日本書紀暦考』その他多くの著述がある。春海作の渾天儀(こんてんぎ)、天球儀、地球儀も現存する。儒学、神道(しんとう)、有職故実(ゆうそくこじつ)にも通じた。77歳で没したが、没後吉田家から土守霊社の諡(おくりな)を贈られた。品川東海寺に葬る。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渋川春海の言及

【暦】より

…中国暦法の最高の傑作といわれる元の授時(じゆじ)暦の研究が盛んになるとともに,漢訳ながらも西洋天文学を伝える《天経或問(てんけいわくもん)》という本ももたらされた。これらの研究を進めるとともにみずからも観測を行い,初めて自国の暦法貞享(じようきよう)暦を作るのに成功したのが渋川春海であった。彼はその功績によって最初の天文方(てんもんかた)に登用された。…

【授時暦】より

…授時暦は江戸期の日本でさかんに研究され,建部賢弘の《授時暦諺解》が有名である。渋川春海は授時暦によって貞享暦(1685)を作り,麻田剛立は消長法を一般化させた。【橋本 敬造】。…

【長暦】より

…長い年月にわたっての暦日をまとめたものを長暦という。初めての幕府天文方に任ぜられた渋川春海は,《日本書紀》にある神武天皇以来貞享1年(1684)に至る暦日,すなわち全年の毎月の朔を計算し,その干支,月の大小,閏月などを記した《日本長暦》(1677)を著した。これが最初に著された長暦である。…

【天文台】より

…そのとき以来,国家の名で暦が編集され天象観測も実施されていたことが残された暦や多くの観測記録から推定されるが,国家天文台の状況をしるした文献は見つかっていない。下って江戸時代,貞享暦を作った渋川春海が幕府から天文方を委嘱され,元禄年間の1689年,本所に天文台用地を与えられた。その後幕府の天文台は1703年に駿河台へ移り,46年には神田佐久間町に,65年には牛込袋町に,82年には浅草片町裏へと何度も移設されている。…

【本因坊】より

…しかし8世知得仙知(1776‐1838)は,11世本因坊元丈と生涯を通じての好敵手として総局数77局を戦い,戦績はまったく互角で,それぞれ名人の実力を有しながら,互いにゆずり合って準名人のままで終わったと伝えられる。また1世算哲の子で1683年(天和3)まで御城碁(おしろご)を務めた渋川春海は暦学者として有名。林家は本因坊算砂時代の高手鹿塩利賢(かしおりげん)に学んだ林門入斎(もんにゆうさい)(1583‐1667)に発し,代々門入を名のった。…

※「渋川春海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渋川春海の関連キーワード安井算哲(初代)安井算哲安井安井算英安井算知(1)安井算知(2)安井算哲(1)安井算哲(2)安井知哲廬草拙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渋川春海の関連情報