池田 小菊(読み)イケダ コギク

20世紀日本人名事典の解説

池田 小菊
イケダ コギク

昭和期の小説家



生年
明治25(1892)年3月15日

没年
昭和42(1967)年3月9日

出生地
和歌山県

学歴〔年〕
和歌山女子師範〔明治45年〕卒

経歴
奈良女高師訓導時代の大正14年「帰る日」を「朝日新聞」に連載して刊行する。15年志賀直哉を知り、以後師事する。昭和11年「鳩」を発表。13年発表の「奈良」は芥川賞候補作品となる。戦後は22年から37年まで、奈良県民主婦人団体会長に就任。著書に「来年の春」「かがみ」「奈良」「東大寺物語 愛と死」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android