コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈士充

美術人名辞典の解説

沈士充

明代の画家。江蘇省松江生。字は子居。宋懋晋の門人で、趙左にも学ぶ。山水を能くした。嘉靖・崇禎頃の人。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈士充
しんしじゅう
Shen shi-chong

中国,明末の文人画家。華亭 (江蘇省上海) の人。字は子居。現存,あるいは著録された作品の年記は万暦 30 (1602) 年から崇禎6 (33) 年にわたる。同郷の宋懋晋 (そうぼうしん) ,趙左に師事したが中年頃には同世代の董其昌 (とうきしょう) の影響を受け,その贋本を作ったともいわれる。沈士充を祖とする一派雲間派と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

沈士充の関連キーワード松江派呉派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android