コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲間派 うんかんはYun-jian-pai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲間派
うんかんは
Yun-jian-pai

中国,明末に始る画派,呉派の一支派。祖とされる沈士充 (しんしじゅう) が松江 (江蘇省) の出身であったため,松江の古名「雲間」をとって派名とした。沈士充のあと蒋藹や大じゅら多くの画家を出し,明末に隆盛をみたが,董其昌 (とうきしょう) の影響をみるほかには画風上の特色は少く,地縁や師弟関係による画家集団とみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の雲間派の言及

【松江派】より

…松江は江蘇の府名で現在の上海市一帯をいう。顧正誼の華亭派(華亭は松江府の一県名)を先達とし,30~40年遅れて趙左の蘇松派(蘇州松江の略),松江派が並び,一世代若い沈士充の雲間派(雲間は華亭の古称)があり,数人の流派の始祖を別にして,様式は混合している。南宗画の最後を飾るにふさわしい,繊細な詩情にあふれた画面を特徴とする。…

【趙左】より

…山水は宋旭に師事し,董源,黄公望,倪瓚(げいさん)などを学んだ。その特徴は,江南の水気豊かな気象を反映して,山石を雲煙によって朦朧(もうろう)と柔らかくつつむところにあり,同郷の沈士充・呉振などとともに雲間派(蘇松派)を形成する。また董其昌(とうきしよう),陳継儒と交友があり,ときに董其昌の代筆をしたといわれる。…

※「雲間派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲間派の関連キーワード松江派趙左

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android