コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙左 ちょうさZhao Zuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙左
ちょうさ
Zhao Zuo

中国,明の万暦期 (1573~1620) の後半に活躍した文人画家。松江 (上海) の人。字は文度。宋懋晋 (そうぼうしん) とともに宋旭に師事し,のちには董源黄公望,倪 瓚 (げいさん) を学ぶと評された。同郷の董其昌陳継儒らと親しくその影響を受け,董其昌の贋本を作ったともいわれるが,焦墨枯筆を用いて独自の様式をつくり上げた。趙左を祖とする一派を蘇松派と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

趙左【ちょうさ】

中国,明末の文人画家。生没年不詳。字は文度(ぶんたく)。江蘇華亭の人。万暦年間(1573年―1620年)後半以後に活躍した。山水画を得意とし,水気の少ない焦墨を用いて個性的に表現。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうさ【趙左 Zhào Zuŏ】

中国,明末の画家。字は文度。華亭(上海市松江県)の人。若いとき,北京に遊び詩で名を知られ,また晩年,唐棲(浙江省)に移り住んだ。山水は宋旭に師事し,董源,黄公望,倪瓚(げいさん)などを学んだ。その特徴は,江南の水気豊かな気象を反映して,山石を雲煙によって朦朧(もうろう)と柔らかくつつむところにあり,同郷の沈士充・呉振などとともに雲間派(蘇松派)を形成する。また董其昌(とうきしよう),陳継儒と交友があり,ときに董其昌の代筆をしたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

趙左の関連キーワード松江派呉派

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android