コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙左 ちょうさ Zhao Zuo

3件 の用語解説(趙左の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙左
ちょうさ
Zhao Zuo

中国,明の万暦期 (1573~1620) の後半に活躍した文人画家。松江 (上海) の人。字は文度。宋懋晋 (そうぼうしん) とともに宋旭に師事し,のちには董源,黄公望,倪 瓚 (げいさん) を学ぶと評された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

趙左【ちょうさ】

中国,明末の文人画家。生没年不詳。字は文度(ぶんたく)。江蘇華亭の人。万暦年間(1573年―1620年)後半以後に活躍した。山水画を得意とし,水気の少ない焦墨を用いて個性的に表現。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうさ【趙左 Zhào Zuŏ】

中国,明末の画家。字は文度。華亭(上海市松江県)の人。若いとき,北京に遊び詩で名を知られ,また晩年,唐棲(浙江省)に移り住んだ。山水は宋旭に師事し,董源,黄公望,倪瓚(げいさん)などを学んだ。その特徴は,江南の水気豊かな気象を反映して,山石を雲煙によって朦朧(もうろう)と柔らかくつつむところにあり,同郷の沈士充・呉振などとともに雲間派(蘇松派)を形成する。また董其昌(とうきしよう),陳継儒と交友があり,ときに董其昌の代筆をしたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

趙左の関連キーワード徐弘基高橋在靖竹内清秀黄道周藤田羅漢文点陸治岸誠呉彜呉又可

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone