コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈線文 ちんせんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈線文
ちんせんもん

縄文土器および弥生土器文様一種。木,竹,貝などを引きずって,直線や曲線を描くものを基本とするが,押捺あるいは刻み目の一種も含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

沈線文の関連キーワードテラマーレ文化(■1)氏編鐘ククテニ文化金海式土器昂々渓遺跡ドナウ文化吹切沢遺跡押型文土器櫛目文土器続縄文土器半截竹管文田戸遺跡三戸遺跡夏島貝塚尖底土器竹管文土版

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android