コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈線文 ちんせんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈線文
ちんせんもん

縄文土器および弥生土器文様一種。木,竹,貝などを引きずって,直線や曲線を描くものを基本とするが,押捺あるいは刻み目の一種も含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

沈線文の関連キーワードテラマーレ文化(■1)氏編鐘ククテニ文化ドナウ文化金海式土器吹切沢遺跡櫛目文土器押型文土器昂々渓遺跡続縄文土器半截竹管文田戸遺跡三戸遺跡尖底土器夏島貝塚竹管文土版

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android