沈頭鋲(読み)チントウビョウ

大辞林 第三版の解説

ちんとうびょう【沈頭鋲】

頭が接合した金属板に埋めこまれて、継ぎ手の表面が平らになる特殊なリベット。空気抵抗を少なくする目的で、航空機の外板などに用いられる。沈頭リベット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android