コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖田なす

デジタル大辞泉プラスの解説

沖田なす

山形県鶴岡市で生産されるナス。丸型または卵型の形状で、果皮は薄く、果肉はよく締まり、漬物に向く。「うす皮丸」と同系列。昭和40年代、山形県南陽市篤農家、沖田与太郎氏が栽培を始めたことからこの名で呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

沖田なすの関連キーワード山形県鶴岡市

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android