コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うす皮丸

1件 の用語解説(うす皮丸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

うす皮丸

山形県で生産されるナス。丸型または卵型の形状、黒紫色の果皮は薄く柔らかで、漬物に向く。1600年頃、上杉家が越後から移封された際当地に導入され、その後昭和40年代に選抜改良されたもので栽培が広まったとされる。古くは「薄皮なす」ともした。「薄皮丸」とも書く。「山形おきたま伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うす皮丸の関連キーワード絹皮沖田なす小布施丸なす鹿児島白なす窪田茄子埼玉青大丸なす下田なすていざなすばってんなす水なす