コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うす皮丸

1件 の用語解説(うす皮丸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

うす皮丸

山形県で生産されるナス。丸型または卵型の形状、黒紫色の果皮は薄く柔らかで、漬物に向く。1600年頃、上杉家が越後から移封された際当地に導入され、その後昭和40年代に選抜改良されたもので栽培が広まったとされる。古くは「薄皮なす」ともした。「薄皮丸」とも書く。「山形おきたま伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone