コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うす皮丸

デジタル大辞泉プラスの解説

うす皮丸

山形県で生産されるナス。丸型または卵型の形状、黒紫色の果皮は薄く柔らかで、漬物に向く。1600年頃、上杉家が越後から移封された際当地に導入され、その後昭和40年代に選抜改良されたもので栽培が広まったとされる。古くは「薄皮なす」ともした。「薄皮丸」とも書く。「山形おきたま伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

うす皮丸の関連キーワード沖田なす山形県

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android