コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖荷役 オキニヤク

デジタル大辞泉の解説

おき‐にやく【沖荷役】

沖に停泊している船と(はしけ)の間で荷物の積み降ろしをすること。また、それを仕事にする人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おきにやく【沖荷役】

沖がかりの船舶の貨物をはしけとの間で積みおろしすること。また、それをする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の沖荷役の言及

【港湾荷役】より

…港湾内で船と陸との間で行われる貨物の積卸作業全般をいう。船の停泊場所の関係から,船を沖合に停泊させ,はしけやパイプラインを利用して貨物の輸送を行う沖荷役と,船を岸壁などの陸岸に直接横付けして荷役を行う接岸荷役とに分けられ,沖荷役のうちはしけを使用する場合をはしけ荷役ということもある。また上屋(うわや)内,陸岸とはしけの間,陸上の車両,各種積卸場における積卸作業は沿岸荷役と呼ばれ,これには上屋・倉庫間の貨物の輸送,倉庫への搬入作業も含まれる。…

【港湾労働】より

…船舶の貨物の揚卸しをする仕事で,港内停泊中の本船から貨物をはしけに(またはしけから本船に)移して運ぶ沖荷役と,岸壁や桟橋等で本船やはしけから貨物をトラックや荷さばき場に卸す(またはその逆方向に揚げる)沿岸荷役とがある。沖荷役を行う労働者を沖仲仕ともいう。…

※「沖荷役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沖荷役の関連キーワードブエナベントゥラ港湾荷役港湾労働沖仲仕波止場しけ船舶泊地外港貨物荷役

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android