沙白蓋盧(読み)さはく こうろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沙白蓋盧 さはく-こうろ

「日本書紀」にみえる使者
沙白と蓋盧のふたりともいわれる。神功皇后摂政49年新羅(しらぎ)(朝鮮)攻めのため日本の将兵が朝鮮の卓淳(とくじゅん)国に派遣されたとき,兵力増強を要請するため使者として日本へおくられた。増員の将兵とともに卓淳にもどり,新羅をやぶったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android