コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢穂希 さわほまれ

1件 の用語解説(沢穂希の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

沢穂希

女子サッカー選手。1978年9月6日生まれ、東京都府中市出身。2011年、ドイツで行われたFIFA女子ワールドカップで、日本女子代表チームなでしこジャパン」を優勝に導いたキャプテン司令塔として有能なミッドフィールダーテクニックスピードパワー、決定力、チームを率いる人間性と、様々な面で抜きんでていると評価されている。
小学校に上がる頃、1歳上の兄の影響でサッカーを始めた。当時は女子チームがなかったため、小学2年生になると男子に混じって試合に出るようになる。その頃からテクニックもぶつかっていく勇気も男子以上だったと伝えられている。「なぜ女の子がサッカーを」といじめられることもあったが、「私はプロになって見返してやるからと思いなさい」という母の言葉など家族に支えられ、持ち前の負けん気と努力でぐんぐん上達していった。
中学に上がり、読売(現・日テレ)SCベレーザのユースチームに入団すると、すぐにトップチームに抜擢(ばってき)され、全国リーグに出場するようになる。中学3年生、15歳で日本代表に選ばれ、1995年のFIFA女子ワールドカップ・スウェーデン大会、96年のアトランタオリンピックに出場。その後、帝京大学に進学するが、高いレベルのサッカーを目指して99年に中退し、アメリカのコロラド・デンバー・ダイヤモンズに。翌年アトランタ・ビートに移籍して活躍。だが、2004年、アメリカ女子サッカーリーグWUSA休止により帰国、日テレ・ベレーザに再入団した。11年、INAC神戸レオネッサに移籍。
日本代表として18年間、5回のワールドカップ、3回のオリンピックを経験しており、優勝した11年のFIFA女子ワールドカップ決勝で、代表としての通算ゴール数80を記録。これは、釜本邦茂の75を大きく超えた男女を通じての日本代表最多得点記録になる。FIFAによって同大会の大会最優秀選手(MVP)と得点王に選ばれた。

(菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沢穂希の関連キーワード海堀あゆみ加藤與惠安藤梢岩清水梓宇津木瑠美大野忍福元美穂丸山桂里奈矢野喬子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沢穂希の関連情報