コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村太郎 きたむら たろう

2件 の用語解説(北村太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村太郎 きたむら-たろう

1922-1992 昭和-平成時代の詩人。
大正11年11月17日生まれ。昭和13年「LE BAL(ル・バル)」に参加。22年第2次「荒地」創刊にくわわり,田村隆一,鮎川(あゆかわ)信夫らと戦後詩の世界を構築する。59年詩集「犬の時代」で芸術選奨,平成元年「港の人」で読売文学賞。平成4年10月26日死去。69歳。東京出身。東大卒。本名は松村文雄。著作に「北村太郎の仕事」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北村太郎
きたむらたろう
(1922―1992)

詩人。東京・谷中(やなか)に生まれる。本名松村文雄。東京大学仏文科卒業。詩は第二次世界大戦前から『LUNA』(中桐雅夫(なかぎりまさお)編集)などに発表していたが、第二次『荒地(あれち)』(1947.9)に参加し、その有力なメンバーとして活躍した。「春はすべての重たい窓に街の影をうつす。/街に雨はふりやまず、/われわれの死のやがてくるあたりも煙っている。」(『雨』冒頭)のように、倦怠(けんたい)と幻滅の情緒で戦後叙情詩の典型を示した。『北村太郎詩集』(1966)以下『冬の当直』(1972)、『冬を追う雨』(1978)、『あかつき闇(やみ)』(1978)、『ピアノ線の夢』(1980)、『悪の花』(1981)などがある。1980年代から90年代にかけては、『犬の時代』(1982。芸術選奨文部大臣賞)、『笑いの成功』(1985。歴程賞)、『港の人』(1988。読売文学賞)、『路上の影』(1991)などがある。80年代以降は詩人論、詩論など散文の分野でも精力的に活動し、『ぼくの現代詩入門』(1982)、『詩人の森』(1983)、『ぼくの女性詩人ノート』(1984)、『詩へ詩から』(1985)、『うたの言葉』(1986)、鮎川信夫や吉本隆明、石垣りんの詩人論を中心にした『世紀末の微光――鮎川信夫、その他』(1988)などを著した。また、詩と散文で構成される『北村太郎の仕事』全3巻(1990~91)が刊行された。没後に刊行されたものとして、最晩年の詩編と散文『すてきな人生』(1993)、自伝『センチメンタルジャーニー――ある詩人の人生』(1993)、『現代詩文庫 続・北村太郎詩集』(1994)、散文集『樹上の猫』(1998)がある。とくに自伝については、死の直前まで手を入れ続けたが、完成には至らず、編集者らが誤記など最低限の手直しをして出版にこぎつけたもの。翻訳家としても知られ、児童文学からミステリーまで訳書多数、1993年(平成5)には日本翻訳大賞特別賞を受賞した。[角田敏郎]
『『冬の当直 北村太郎詩集』(1972) ▽『北村太郎詩集』(1975・思潮社) ▽『冬を追う雨』(1978・思潮社) ▽『あかつき闇』(1978・河出書房新社) ▽『ピアノ線の夢』(1980・青土社) ▽『悪の花』(1981・思潮社) ▽『新編北村太郎詩集』(1981・小沢書店) ▽『犬の時代』(1982・書肆山田) ▽『ぼくの現代詩入門』(1982・大和書房) ▽『詩人の森』(1983・小沢書店) ▽『ぼくの女性詩人ノート』(1984・大和書房) ▽『笑いの成功』(1985・書肆山田) ▽『詩へ詩から』(1985・小沢書店) ▽『うたの言葉』(1986・小沢書店) ▽『港の人』(1988・思潮社) ▽『北村太郎の仕事』全3巻(1990~91) ▽『路上の影』(1991・思潮社) ▽『すてきな人生』(1993・思潮社) ▽『センチメンタルジャーニー――ある詩人の生涯』(1993・草思社) ▽『続・北村太郎詩集』(1994・思潮社) ▽『樹上の猫』(1998・港の人) ▽黒田三郎著『北村太郎』(『現代の詩と詩人』所収・1974・有斐閣選書) ▽秀実著『詩的モダニティの舞台』(1990・思潮社) ▽川崎洋著『すてきな詩をどうぞ』(1995・筑摩書房) ▽岡本勝人著『ノスタルジック・ポエジー――戦後の詩人たち』(2000・小沢書店) ▽ねじめ正一著『言葉の力を贈りたい』(2002・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北村太郎の関連キーワード那珂太郎会田千衣子秋谷豊磯村英樹正津勉諏訪優田中清光鶴岡善久寺門仁河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北村太郎の関連情報