コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平岩弓枝 ヒライワユミエ

4件 の用語解説(平岩弓枝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひらいわ‐ゆみえ〔ひらいは‐〕【平岩弓枝】

[1932~ ]小説家・劇作家。東京の生まれ。親しみやすいタッチで幅広いテーマを扱い、さまざまな時代を生きた女性を描き出し、共感を集める。「鏨師(たがねし)」で直木賞受賞。他に「花影の花」「御宿(おんやど)かわせみ」シリーズなど。テレビドラマの台本作家としても「肝っ玉かあさん」などのヒット作を送り出している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平岩弓枝【ひらいわゆみえ】

小説家,脚本家。東京生れ。日本女子大国文科卒,中世文学専攻。代々木八幡宮司の家に生まれ,幼い頃から日本舞踊など古典芸能を習う。戸川幸夫に師事し,長谷川伸主宰の研究会〈新鷹会〉に入って小説修業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平岩弓枝 ひらいわ-ゆみえ

1932- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年3月15日生まれ。長谷川伸,戸川幸夫に師事。昭和34年「鏨師(たがねし)」で直木賞時代小説「御宿(おんやど)かわせみ」シリーズ,テレビドラマ脚本「肝っ玉かあさん」「ありがとう」などをかき,多彩に活躍する。平成3年「花影の花」で吉川英治文学賞。10年菊池寛賞。16年文化功労者。20年「西遊記」で毎日芸術賞。東京出身。日本女子大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平岩弓枝
ひらいわゆみえ
(1932― )

小説家、劇作家。東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。長谷川伸(はせがわしん)、戸川幸夫(ゆきお)に師事し、1959年(昭和34)『鏨師(たがねし)』によって直木賞を受賞。以後小説はもとより、ラジオ・テレビの脚本、劇作などに人気を博す。女の生き方をテーマに『おんなみち』(1969)、『女の顔』(1970~71)、『彩(あや)の女』(1973)、『花ホテル』(1983)、史伝・時代ものに『日野富子』(1971)、『御宿(おんやど)かわせみ』(1980)、劇作に『百年目の幽霊』『紅梅館おとせ』(ともに1986。舞台脚本集)、テレビ脚本に『旅路』(1967)、『肝っ玉(きもったま)かあさん』(1971)、そのほかミステリーものなど多彩な作品がある。『御宿かわせみ』はシリーズで書き継がれ、2002年(平成14)刊の『鬼女の花摘み』で30冊となる。シリーズとしては『はやぶさ新八御用帳』(1989~ )があり、『幽霊屋敷の女』(1999)で10冊となった。
 そのほかの作品に『若い真珠』(1966)、『若い海峡』(1969)、『下町の女』(1972)、『女の気持』(1974)、『女の河』(1977)、『女の幸福』『風子』『火の航跡』『日影の女』(いずれも1978)、『午後の恋人』(1979)、『色のない地図』(1981)、『湖水祭』(1983)、『白い序章』(1985)、青の三部作『青の伝説』『青の回帰』『青の背信』(1985~86)、『風よ ヴェトナム』(1998)、ロマンミステリー『幸福の船』(1998)、時代小説としては、「忠臣蔵」後の秘められたドラマに光をあてた『花影(はなかげ)の花――大石内蔵助(くらのすけ)の妻』(1990。吉川英治文学賞)、『水鳥の関』(1996)、天保の改革に辣腕(らつわん)を振るった鳥居耀蔵(ようぞう)を描いた『妖怪』(1999)、王朝伝奇小説『平安妖異伝』(2000)、田沼意次(おきつぐ)の名誉回復を図る『魚の棲(す)む城』(2002)、初の半生記『極楽とんぼの飛んだ道――私の半生、私の小説』(1999)など。なお、前述の直木賞のほかに、1979年NHK放送文化賞、87年菊田一夫演劇賞大賞、98年(平成10)菊池寛賞などを受賞している。1997年紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章。2004年文化功労者。[遠矢龍之介]
『『鏨師』(1959・新小説社) ▽『若い真珠』(1966・集英社) ▽『若い海峡』(1969・集英社) ▽『おんなみち』(1969・講談社) ▽『女の顔』上下(1970~71・文芸春秋) ▽『肝っ玉かあさん』(1971・文芸春秋) ▽『下町の女』(1972・文芸春秋) ▽『女の気持』(1974・中央公論社) ▽『女の河』(1977・文芸春秋) ▽『女の幸福』(1978・文芸春秋) ▽『風子』(1978・新潮社) ▽『火の航跡』(1978・朝日新聞社) ▽『日影の女』(1978・文芸春秋) ▽『午後の恋人』(1979・文芸春秋) ▽『御宿かわせみ』シリーズ(1980~ ・文芸春秋) ▽『色のない地図』(1981・文芸春秋) ▽『湖水祭』(1983・サンケイ出版) ▽『花ホテル』(1983・新潮社) ▽『白い序章』(1985・中央公論社) ▽『青の伝説』『青の回帰』『青の背信』(1985~86・講談社) ▽『平岩弓枝自選長篇全集』全15巻(1987~89・文芸春秋) ▽『はやぶさ新八御用帳』シリーズ(1989~ ・講談社) ▽『花影の花――大石内蔵助の妻』(1990・新潮社) ▽『水鳥の関』(1996・文芸春秋) ▽『風よ ヴェトナム』(1998・新潮社) ▽『幸福の船』(1998・新潮社) ▽『極楽とんぼの飛んだ道――私の半生、私の小説』(1999・講談社) ▽『妖怪』(1999・文芸春秋) ▽『平安妖異伝』(2000・新潮社) ▽『魚の棲む城』(2002・新潮社) ▽『旅路』上中下(角川文庫) ▽藤森秀郎著『平岩弓枝「御宿かわせみ」写真帖』(1990・文芸春秋) ▽河野多恵子編『女性作家シリーズ11 平岩弓枝』(1997・角川書店) ▽我孫子晴美著『平岩弓枝。家族のかたち』(1997・PHP研究所) ▽立原洋一著『「御宿かわせみ」百八十話の謎――江戸の人々の光と影』(1997・本の森出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平岩弓枝の関連キーワード赤江瀑重兼芳子三田誠広光岡明宮原昭夫石和鷹一ノ瀬綾稲見一良小野木朝子勝目梓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平岩弓枝の関連情報