河本卓介(読み)かわもと たくすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河本卓介 かわもと-たくすけ

1900-1968 昭和時代の貝類研究家。
明治33年1月1日生まれ。昭和2年小瀬川上流の山口県坂上村(さかうえそん)(美和町)でカワシンジュガイを発見。その生息地点は当時世界における最南限とみとめられた。日本貝類学会の創立に尽力し,「山口県産貝類目録」を編集した。昭和43年7月10日死去。68歳。山口県出身。岩国中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android