河田 杰(読み)カワダ マサル

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の林業技術者 青森県営林局長。



生年
明治22(1889)年1月6日

没年
昭和30(1955)年1月16日

出身地
東京

学歴〔年〕
東京帝大卒

経歴
農商務省に入り、大正8年から林業試験場技師として砂防造林試験地に指定された村松海岸(茨城県東海村)の造林に着手し、22万本の黒松植栽砂丘の形状、生成の調査・研究に基づく河田式造林法を確立した。のち青森県営林局長。著作に「海岸砂丘造林法」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android