黒松(読み)くろまつ

精選版 日本国語大辞典「黒松」の解説

くろ‐まつ【黒松】

〘名〙
マツ科の常緑高木。本州、四国、九州の主として海岸地方に野生するが、広く植林され、庭木にもする。は高さ三〇メートル、直一メートルぐらいになる。樹皮は黒灰色で亀甲(きっこう)状の割れ目を生じる。枝には長さ六~一五センチメートルの二本の針葉が対になって叢生する。雌雄同株。四月ごろ、新枝の頂端に球状で紫色の雌花をつける。雄花は枝の基部に群生する。球果(松かさ)は長さ五~七センチメートル、径約三センチメートルの卵状円錐形。材は建築・器具・パルプ・薪炭材に用いられ、幹からは松脂(まつやに)をとる。おまつ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② 植物「とうひ(唐檜)」の異名
③ 植物「はりもみ(針樅)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「黒松」の解説

黒松 (クロマツ)

植物。マツ科の常緑針葉高木。ハリモミの別称

黒松 (クロマツ)

学名:Pinus thunbergii
植物。マツ科の常緑針葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android