黒松(読み)クロマツ

大辞林 第三版の解説

くろまつ【黒松】

マツ科の常緑高木。海岸に多く、庭木にもする。樹皮は黒褐色。針葉が二本ずつつき、長くて硬い。全体に剛強なので雄松おまつともいう。材は建築・土木・パルプの用材とし、幹からは松脂をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒松の関連情報