コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河面冬山 こうも とうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河面冬山 こうも-とうざん

1882-1955 大正-昭和時代の蒔絵(まきえ)師。
明治15年1月20日生まれ。おもに宮内省御用品を制作した。作品に大正天皇即位式用御料車内賢所(かしこどころ),青森県盛美園霊廟御宝殿の「桜に孔雀(くじゃく)」の蒔絵などがある。昭和30年10月26日死去。73歳。広島県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は冬一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河面冬山の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android