コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油チャン アブラチャン

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐チャン【油チャン】

クスノキ科の落葉低木。山地に生え、樹皮灰褐色で油を多く含む。雌雄異株早春に淡黄色の小花が集まってつく。黄色の実は裂けて種子を出す。種子から油をとる。むらだち。ずさ。じしゃ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらチャン【油チャン】

クスノキ科の落葉小高木。山地に自生。葉は卵形で、互生する。早春、葉に先立って淡黄色の小花がかたまってつく。球形の果実から油をとり、材は生木でもよく燃え、薪とするため油チャンと呼ばれる。ムラダチ。ズサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

油チャンの関連キーワードクスノキ科生木卵形球形自生

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android