コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉花堂三蝶 せんかどう さんちょう

1件 の用語解説(泉花堂三蝶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉花堂三蝶 せんかどう-さんちょう

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
明和-享和(1764-1804)ごろに活躍。みずから挿絵もえがく。古阿三蝶(こあ-みちょう)と同一人という説もある。通称は十六兵衛。著作に浮世草子「梅桜一対奴」,洒落(しゃれ)本「草木芝居化物退治」(別名「神代椙〓(“目へん”に「木」)論(じんだいすぎもくめあらそい)」)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泉花堂三蝶の関連キーワード戯作者鶴歩道人黒鳶式部青海舎主人東随舎宝嘉僧松代柳枝夢中夢助録山人信普和祥