泉花堂三蝶(読み)せんかどう さんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉花堂三蝶 せんかどう-さんちょう

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
明和-享和(1764-1804)ごろに活躍。みずから挿絵もえがく。古阿三蝶(こあ-みちょう)と同一人という説もある。通称は十六兵衛。著作に浮世草子「梅桜一対奴」,洒落(しゃれ)本「草木芝居化物退治」(別名「神代椙〓(“目へん”に「木」)論(じんだいすぎもくめあらそい)」)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android