享和(読み)きょうわ

日本の元号がわかる事典「享和」の解説

きょうわ【享和】

日本の元号年号)。江戸時の1801年から1804年まで、光格(こうかく)天皇の代の元号。前元号は寛政(かんせい)。次元号は文化(ぶんか)。1801年(寛政13)2月5日改元。1801年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたるため改元が行われた。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。享和年間の江戸幕府の将軍は徳川家斉(いえなり)(11代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「享和」の解説

きょうわ キャウワ【享和】

江戸後期、光格天皇の代の年号。寛政一三年(一八〇一)二月五日辛酉革命説によって改元。享和四年(一八〇四)二月、文化と改元。出典は「文選」の「順乎天而享其運、応乎人而和其義」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android