コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享和 キョウワ

大辞林 第三版の解説

きょうわ【享和】

江戸時代の年号(1801.2.5~1804.2.11)。寛政の後、文化の前。光格天皇の代。将軍は徳川家斉いえなり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

きょうわ【享和】

日本の元号(年号)。江戸時代の1801年から1804年まで、光格(こうかく)天皇の代の元号。前元号は寛政(かんせい)。次元号は文化(ぶんか)。1801年(寛政13)2月5日改元。1801年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたるため改元が行われた。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。享和年間の江戸幕府の将軍は徳川家斉(いえなり)(11代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

享和の関連情報