法師大名(読み)ほうしだいみょう

  • ほうしだいみょう ホフシダイミャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寺領広く、威勢のある僧侶。
※越州軍記(16C末頃か)四「波多野玉泉坊は三千石知行し、飛鳥井宝光院は八千石知行あり、凡日本国一番の法師大名と沙汰しけるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android