コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華経変相図 ほけきょうへんそうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華経変相図
ほけきょうへんそうず

法華経』に基づいて霊鷲 (りょうじゅ) 山における釈迦の説法と,種々な奇跡の場面や経中に説く数多くの譬喩譚を描いた説話図。『法華経』の一部による場合もある。中国では敦煌画に多くの遺例があるが,日本では古くは『法華説相図』 (長谷寺) ,さらに下って西明寺五重塔壁画や本法寺本の掛幅,『法華経絵巻』などが現存。法華経見返絵や『金字宝塔法華経』 (談山神社) もこの一種である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法華経変相図の関連キーワード法華経美術

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android