波の鼓(読み)ナミノツヅミ

デジタル大辞泉の解説

なみ‐の‐つづみ【波の鼓】

波のを打つ音にたとえていう語。また、の調べのように打つ鼓。
「石に精あり、水に音あり、―も時を得て」〈謡・河水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なみのつづみ【波の鼓】

波の音を鼓を打つ音にたとえた語。また、波の音のような調子で打つ鼓の手。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なみ【波】 の 鼓(つづみ)

波の音を、つづみを打つ音にたとえていう語。また、波の調べのように打つつづみ。
※車屋本謡曲・猩猩(1466頃)「葦の葉の笛をふき、浪の鼓どうどううち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android