コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣き響む/鳴き響む ナキトヨム

デジタル大辞泉の解説

なき‐とよ・む【泣き響む/鳴き響む】

《「なきどよむ」とも》
[動マ四]
(泣き響む)人があたりにひびくように大声で泣く。泣き叫ぶ。
「上下ゆすり満ちて―・むに」〈・若菜上〉
(鳴き響む)鳥・動物などが、あたりにひびきわたるように鳴く。
「あしひきの八つ峰(を)の雉(きぎし)―・む朝明(あさけ)の霞見れば悲しも」〈・四一四九〉
[動マ下二](鳴き響む)鳴き声をあたりにひびかせる。
「ときはなる花橘にほととぎす―・めつつ千代も経ぬかな」〈古今六帖・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なきとよむ【泣き響む】

( 動四 )
多くの者が泣き騒ぐ。泣き叫ぶ。 「 - ・む声いかづちにも劣らず/源氏 明石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android