コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰和律義 たいわりつぎ tai he lü yi

1件 の用語解説(泰和律義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泰和律義
たいわりつぎ
tai he lü yi

中国,金の法典,泰和律の注釈書。全 30巻。泰和律は泰和令とともに章宗の泰和1 (1201) 年完成,翌年5月施行。司空襄らが編纂。煕宗代の『皇統新制』,海陵王代の『正隆続降制書』,世宗代の『大定重修制条』,章宗の明昌5 (1194) 年の『明昌律義』などを集大成した金朝の基本法典であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泰和律義の関連キーワード令集解稜威道別尾張廼家苞源氏釈史記抄書伝水原抄梁塵愚案抄ミタークシャラー学派泰和律

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone