コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰和律義 たいわりつぎtai he lü yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泰和律義
たいわりつぎ
tai he lü yi

中国,金の法典,泰和律の注釈書。全 30巻。泰和律は泰和令とともに章宗の泰和1 (1201) 年完成,翌年5月施行。司空襄らが編纂。煕宗代の『皇統新制』,海陵王代の『正隆続降制書』,世宗代の『大定重修制条』,章宗の明昌5 (1194) 年の『明昌律義』などを集大成した金朝の基本法典であった。『泰和律』 12編 563条,『泰和令』 29編から成ったが若干の逸文を除いて伝わらない。また,これとともに新定勅条,六部 (りくぶ) 格式も編集された。泰和令には唐令や宋令の影響がみられ,元初期にも利用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android