逸文(読み)いつぶん

精選版 日本国語大辞典「逸文」の解説

いつ‐ぶん【逸文】

〘名〙
① 世間に知られていない文章。いつもん。
② 散逸して世間に伝わらない文章。いつもん。
※懐風藻(751)序「遂乃収魯壁之余蠧、綜秦灰之逸文」 〔皇甫湜‐編年紀伝論〕
③ すぐれた文章。いつもん。〔郭璞‐山海経序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「逸文」の解説

いつ‐ぶん【逸文】

世間に知られていない文章。
他の書物などに一部が引用されているだけで、完全な形では伝わっていない文章。「風土記逸文
すぐれた文章

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android