コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋上買い付け ようじょうかいつけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洋上買い付け
ようじょうかいつけ

漁獲取引方法の一つで,操業後の漁船から,加工船や冷凍船が漁獲物を洋上で直接買い付けるもの。 1982年,200カイリ内操業の認可の見返りに,アメリカが自国漁船による漁獲物の洋上買い付けを日本に要求したことで話題となった。現在,日本は,アラスカのブリストル湾での抱卵ニシンの買い付けや,サケ・マス買い付けなどを行なっており,近年はロシアに対しても行なうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android