洗面器(読み)せんめんき

精選版 日本国語大辞典「洗面器」の解説

せんめん‐き【洗面器】

〘名〙 や手を洗うのに用いる湯、などを入れるうつわ。
※報知新聞‐明治三一年(1898)一月三〇日「汽船用の洗面、汽車用の便器其他総ての器具に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の洗面器の言及

【盥】より

…古くは鉄漿(かね)つけにも用いた。〈たらい〉は〈手洗い〉がなまった言葉で,古くからさまざまに使用されてきたが,現在ではもっぱら洗濯や水浴用の大型のものをいい,洗顔用は洗面器とよんでいる。中世までは主として角盥(つのだらい)が使われていた。…

※「洗面器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android