コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報知新聞 ほうちしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報知新聞
ほうちしんぶん

東京と大阪で発行されているスポーツ,芸能専門の日刊紙。 1872年6月に創刊された『郵便報知新聞』が 95年 12月『報知新聞』と改題。 1942年8月『読売新聞』に合併されたが,46年 12月夕刊紙として復刊。 50年1月からスポーツ,芸能,文化専門紙に切替え,また初めは東京のみの発行であったが,64年2月から大阪でも発行を開始,北海道,中部,福岡の各支社でも発行している。読売新聞の傍系で,発行部数は東京約 70万,大阪 43万 (1998) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうち‐しんぶん【報知新聞】

日本の日刊新聞の一。明治5年(1872)創刊の「郵便報知新聞」が前身で、同27年に改題。昭和17年(1942)読売新聞に合併。同21年に復刊。同25年からスポーツ・芸能専門紙となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

報知新聞【ほうちしんぶん】

郵便報知新聞》の後身。1895年《報知新聞》と改題して大衆紙に転身した。三木善八が経営。大衆的な内容で明治末には東京で第1の発行部数を誇った。昭和に入り不振,1930年には野間清治に買収されたが状況は好転せず,1942年《読売新聞》と合併。
→関連項目秋山駿村井弦斎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうちしんぶん【報知新聞】

日刊紙。東京,大阪の2本社制。1895年に《郵便報知新聞》(1872創刊)から改題して大衆紙として発展し,明治末期から大正初期にかけては東京で第1位の部数を誇ったが,しだいに大阪系新聞(《大阪朝日新聞》《大阪毎日新聞》ほか)に押され,1930年に講談社の野間清治に買収された。しかし景品重視の野間式経営は,満州事変以後のニュース報道への関心,需要の高まりのなかで,衰退していった。42年には《読売新聞》に吸収されて《読売報知》となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

報知新聞
ほうちしんぶん

第二次世界大戦前は、東京の代表的一般日刊紙。戦後、スポーツ・芸能・文化専門の朝刊紙となる。1872年7月15日(明治5年6月10日=旧暦)、駅逓頭(えきていのかみ)前島密(ひそか)の意を受けて秘書の小西義敬(ぎけい)が創刊した月5回刊の『郵便報知新聞』がその前身。翌1873年6月から日刊となる。1874年旧幕臣栗本鋤雲(くりもとじょうん)が主筆として入社、以来、民権派の政論新聞として言論界をリードした。1882年大隈重信(おおくましげのぶ)が立憲改進党を結成すると、一時その機関紙となるが、1886年11月、矢野文雄社長が紙面を改革、定価を下げて営業新聞への道を歩み始めた。1894年12月26日『報知新聞』と改題、家庭新聞をうたって部数を伸ばした。1898年には初めて案内広告欄を設け、1902年(明治35)から毎週月曜日に三色刷り紙面を発行、1906年10月27日からは朝夕刊発行に初めて成功するなど新聞界をリード、明治・大正期を通じて東京屈指の有力紙となった。しかし昭和に入ると大阪系の『朝日新聞』『毎日新聞』に押され、1942年(昭和17)8月5日、戦時新聞統合で『読売新聞』に合併、『読売報知』となる。戦後1946年(昭和21)12月15日、夕刊紙として復刊したが、1950年1月、一般紙からスポーツ紙に転換、朝刊の総合レジャー紙となる。1964年3月から大阪、1973年7月から北海道で現地印刷、1979年には名古屋(中部読売新聞から『報知スポーツ』)、1998年(平成10)3月からは九州発刊で全国紙体制が完成、題号も平成に入って1990年『スポーツ報知』と変更した。販売部数は東京本社53万部(2010)で、宅配率の高さを誇っている。[春原昭彦]
『報知新聞社編・刊『報知七十年』(1941) ▽報知新聞社編・刊『世紀を超えて――報知新聞120年史』(1993)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

報知新聞の関連キーワード風雨強かるべし滋賀報知新聞長谷川かな女頼母木 桂吉スポーツ報知富士に立つ影町田 忠治広瀬永太郎三木 善八武藤 貞一藤田 茂吉原 抱一庵上島 長久鈴木茂三郎羽仁もと子桑田 豊蔵矢田挿雲吉田熹六箕浦勝人矢野竜渓

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報知新聞の関連情報