洛陽遺跡(読み)らくよういせき(英語表記)Luo-yang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洛陽遺跡
らくよういせき
Luo-yang

中国河南省洛陽市付近に存在する各時代の都城址。周の王城は現在の洛陽市の西郊,澗河の東岸に位置し,東西南北各城壁の長さは約 3000mあったと考えられている。,魏の洛陽城は現在の洛陽市の東方,金村と洛河の間に存在し,城は南北に長い長方形で,南北約 3800m,東西約 2200mが計測されている。また,この漢・魏洛陽城は東周の都の成周城の跡に造営されているとする一説があり,一方,王城の跡には漢の河南県城があったといわれる。隋,唐の洛陽城は今日の洛陽市から南に延び,外郭城の周囲は約 27.5kmある。解放後の調査で,南壁の定鼎門,長夏門,厚載門,東壁の建春門などの位置が明らかになっているほか,皇城,宮城,含嘉倉の調査も行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android