コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津打三郎治 つうち さぶろうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津打三郎治 つうち-さぶろうじ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
2代津打治兵衛の門人。宝暦4年(1754)江戸森田座の二枚目格作者となり,以来,同座で初代助高屋高助(初代沢村宗十郎),壕越二三治(ほりこし-にそうじ)らと合作。明和元年中村座に転じた。作品に「梅水仙伊豆入船」「天津風念力曾我」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android