コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津打九平次 つうち くへいじ

1件 の用語解説(津打九平次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津打九平次 つうち-くへいじ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
初代津打治兵衛の高弟。宝永元年(1704)江戸市村座の「女荒岡錦手綱(おんなあらおかにしきのたづな)」が初作といわれる。のち2代津打治兵衛と,また京都で岩井伊左衛門,中田万助らと合作。晩年は江戸森田座の立作者をつとめた。作品に「大屋形世継曾我」「殿造篠田妻(とのづくりしのだづま)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津打九平次の関連キーワード伊藤柳枝桂の吉斉馬雪竹本三郎兵衛(3代)津打三郎治津打門三郎(2代)津田又市筒井三鳥並木良輔松屋来助(初代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone