コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津打九平次 つうち くへいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津打九平次 つうち-くへいじ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
初代津打治兵衛の高弟。宝永元年(1704)江戸市村座の「女荒岡錦手綱(おんなあらおかにしきのたづな)」が初作といわれる。のち2代津打治兵衛と,また京都で岩井伊左衛門,中田万助らと合作。晩年は江戸森田座の立作者をつとめた。作品に「大屋形世継曾我」「殿造篠田妻(とのづくりしのだづま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津打九平次の関連キーワード浅間物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android