コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井伊左衛門 いわい いざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩井伊左衛門 いわい-いざえもん

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
3代岩井半四郎の門人。はじめ立役(たちやく)として大坂・京都で活躍。享保(きょうほう)13年(1728)岩井伊助と名のり作者をかねたが,のち創作に専念した。初名は岩井源八。合作に「子敦盛血汐袈裟(こあつもりちしおのけさ)」「富館金矢車(とみやかたこがねのやぐるま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩井伊左衛門の関連キーワード歌舞伎役者津打九平次並木永輔歌舞伎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android