コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田南竹 つだ なんちく

1件 の用語解説(津田南竹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田南竹 つだ-なんちく

?-? 江戸時代後期の絵付師。
長崎の人。木下逸雲の門人。文化元年(1804)大神甚五平(おおがみ-じんごべい)らがはじめた長崎亀山焼に,鉄翁祖門(てっとう-そもん),逸雲,江稼圃(こう-かほ)らと絵付けをした。名は庸。字(あざな)は少迂。通称は善平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津田南竹の関連キーワード石崎融済北市屋平吉月湖(2)幸斎河野盛信菅小琴長隠(1)広川獬徳蔵村井勘介