コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田南竹 つだ なんちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田南竹 つだ-なんちく

?-? 江戸時代後期の絵付師。
長崎の人。木下逸雲の門人。文化元年(1804)大神甚五平(おおがみ-じんごべい)らがはじめた長崎亀山焼に,鉄翁祖門(てっとう-そもん),逸雲,江稼圃(こう-かほ)らと絵付けをした。名は庸。字(あざな)は少迂。通称は善平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android