コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下逸雲 きのした いつうん

美術人名辞典の解説

木下逸雲

幕末の南画家。長崎生。名は相宰、字は公宰、逸雲は号、別号に物々子・養竹山房・如螺山人等。代々長崎八幡町の乙名役の家系を継ぎ、医者を正業とするかたわら画を学ぶ。初め石崎融思の門に入り、次いで清人江稼圃南宗画を学び、さらに京に出て四条派や復古大和絵の法も会得した。長崎南画家の第一人者といわれる。慶応2年(1866)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木下逸雲【きのしたいつうん】

長崎文人画派の代表的画家。名は相宰,字は公宰,逸雲は号。絵を石崎融思,のち清人江稼圃(こうかほ)に学び,さらに明末の南画家董其昌に私淑。潤いのある山水画を描く。
→関連項目長崎派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下逸雲 きのした-いつうん

1800-1866 江戸時代後期の画家。
寛政12年8月1日生まれ。肥前長崎の人。はじめ石崎融思(ゆうし)に師事,ついで来日した清(しん)(中国)の江稼圃(こう-かほ)に文人画をまなぶ。山水,花鳥画を得意とし,長崎文人画の三筆のひとりとされた。慶応2年8月江戸から船でかえる途中玄界灘で遭難し,行方不明になった。67歳。名は相宰。字(あざな)は公宰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

木下逸雲

没年:慶応2.8(1866)
生年:寛政12(1800)
江戸後期の画家。長崎八幡町の乙名(町役人)の家に生まれる。名は相宰,字は公宰。別号は物々子,養竹山人など。兄の跡を継いで乙名となったが,30歳で辞職し,医業のかたわら画業に精進した。初め石崎融思に師事し,来日した清の画家江稼圃に南画を学び,さらに日中の画蹟を臨模(模写)するなどして研鑽を積んだ。慶応2(1866)年8月,江戸からの帰途,航路で台風にあい遭難した。明,清の正統的な南宗画様式をほぼ忠実に模倣した作品が,長崎市立博物館などに多く所蔵されている。鉄翁祖門,三浦梧門と共に長崎三大文人画家と呼ばれる。

(佐藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木下逸雲
きのしたいつうん

[生]寛政11(1799).長崎
[没]慶応2(1866)
江戸時代後期の南画家。名は相宰,字は公宰。通称は志雅之助。号は逸雲,物々子,養竹山人など。家職の乙名 (おとな) をつとめたが,のち隠居。絵は石崎融思に南蘋流を学び,来朝した江稼圃 (こうかほ) を慕い,明の董其昌 (とうきしょう) に私淑して一家をなし,生気のある作風で当時の長崎画壇の第一人者となる。主要作品『武陵桃源図』 (1855) ,『山水図』 (62) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

木下逸雲 (きのしたいつうん)

生年月日:1800年8月1日
江戸時代後期の画家
1866年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

木下逸雲の関連キーワード村田 香谷塩田牛渚打橋半雨阿南竹陀河田小竜日高鉄翁川村雨谷浅井柳塘長井雲坪村田香谷生年月日千原夕田津田南竹富岡鉄斎滝和亭徐雨亭家職

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android