コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄翁祖門 てっよう そもん

4件 の用語解説(鉄翁祖門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鉄翁祖門

幕末・明治の臨済宗の僧・画家。長崎春徳寺住持。石崎融思・江稼圃に文人画を学び、木下逸雲三浦梧門と共に長崎三大南画家とされる。明治4年(1871)寂、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄翁祖門 てっとう-そもん

1791-1872* 江戸時代後期の画僧。
寛政3年2月10日生まれ。臨済(りんざい)宗。長崎春徳寺の住持。石崎融思(ゆうし)に師事,のち清(しん)(中国)から来日した江稼圃(こう-かほ)に文人画をまなぶ。木下逸雲(いつうん),三浦梧門(ごもん)とともに長崎三大文人画家と称された。明治4年12月7日死去。81歳。肥前長崎出身。俗姓は日高。作品に「四君子図屏風」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鉄翁祖門

没年:明治4.12.15(1872.1.24)
生年:寛政3.2.10(1791.3.14)
幕末維新期の画家,禅僧。俗姓は日高氏。長崎の春徳寺の第14代住職。初め石崎融思に師事し,次いで来日した清の画家江稼圃に学ぶ。おもに水墨画で山水・花卉図を描き,特に蘭を得意とした。作品に「四君子図屏風」(1862,長崎市立博物館蔵)など。

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄翁祖門
てつおうそもん

日高鉄翁」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄翁祖門の関連キーワード愛石月亭行海(1)玉洲玉嶺愚庵(1)酒巻立兆帯雲墨隠鸞山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone