鉄翁祖門(読み)てっよう そもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄翁祖門 てっとう-そもん

1791-1872* 江戸時代後期の画僧。
寛政3年2月10日生まれ。臨済(りんざい)宗。長崎春徳寺の住持。石崎融思(ゆうし)に師事,のち清(しん)(中国)から来日した江稼圃(こう-かほ)に文人画をまなぶ。木下逸雲(いつうん),三浦梧門(ごもん)とともに長崎三大文人画家と称された。明治4年12月7日死去。81歳。肥前長崎出身。俗姓日高。作品に「四君子図屏風」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鉄翁祖門

没年:明治4.12.15(1872.1.24)
生年:寛政3.2.10(1791.3.14)
幕末維新期の画家,禅僧。俗姓は日高氏。長崎の春徳寺の第14代住職。初め石崎融思に師事し,次いで来日した清の画家江稼圃に学ぶ。おもに水墨画山水・花卉図を描き,特に蘭を得意とした。作品に「四君子図屏風」(1862,長崎市立博物館蔵)など。

(佐藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

鉄翁祖門 (てっとうそもん)

生年月日:1791年2月10日
江戸時代;明治時代の画僧。春徳寺住職
1872年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android