コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神甚五平 おおがみ じんごべい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神甚五平 おおがみ-じんごべい

?-? 江戸時代後期の陶工。
亀山(甕山(かめやま))焼の創始者。文化元年(1804)肥前長崎の垣根山で仲間3名と水甕を製作した。長崎奉行の保護をうけ,11年よりひとりで白磁染め付けの製品をやき,文政元年(1818)ごろから亀山焼と称した。幕府への献上品や各藩の注文もおおかったが3代でとだえた。名は甚五兵衛とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大神甚五平の関連キーワード津田南竹陶工

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android