コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活動代謝量

2件 の用語解説(活動代謝量の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

活動代謝量

 →Ea

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活動代謝量
かつどうたいしゃりょう

人間の必要エネルギーは、生命維持のための最少必要量と、日常の生活活動のための必要量とがある。前者を基礎代謝量とよび、後者を活動代謝量とよぶ。活動代謝量は仕事や運動のために消費されるエネルギーで、これを作業代謝量または労働代謝量ともいう。活動代謝量は、体を活発に動かすほどその量が増加する。普通の労作では、成人男子においては基礎代謝量1500キロカロリーに対して、活動代謝量750キロカロリー、成人女子では同じく1200キロカロリーに対して600キロカロリー程度である。労作が重くなるほど活動代謝量は増加し、重い労作では成人男子で1570キロカロリー、成人女子では1250キロカロリーに達する。[宮崎基嘉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活動代謝量の関連キーワードコニカシーツーシー二三段の技ビーツーイービーツーシービーツージービーツービー活動代謝活動代謝値スタキオース

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone